粗食が体にいい

● 粗食 に関する本の内容をはじめに&もくじで知る

★タイトル なぜ「粗食」が体にいいのか

※ はじめに「豊かな風土から生まれた豊かな食生活」―それが粗食です!

 私は子どもの頃、風邪をひくのが楽しみでした。風をひいて寝込んだりすると、おいしいものが食べられたからです。当時はなぜか、病気をすると桃の缶詰やみかんの缶詰、バナナなどが出てきたものです。

 かって、結核の人たちにバター療法がおこなわれた時期があります。文字通り、結核の患者さんにバターをなめさせるという療法でした。つまり、病気に対する食生活の考え方は「うまいものを食べて寝ていなさい」だったのです。

「ご飯とパンはどちらがいいのか」「肉と野菜はどちらがいいのか」―そんなことに悩む必要はなかったのです。何を食べるかよりも、何が食べられるかが問題だったのです。

 そして今、私たちは新しい経験をしています。デパートやス―パーマーケットに行けば、世界のあらゆる国の食品が所せましと並べられています。今や、私たちが口にするものの半分以上は外国から輸入されたものなのです。また、ホテルや高級レストランなみの食材がならべられているのも珍しいことではありません。そればかりか、どんな野菜、果物でも、一年中買い求めることができるようになっています。冬でもスイカやメロンを食べられるのは、当たり前のことになってきました。

 ある意味では、「豊かな食生活」といえるのかもしれません。
 しかし、それで私たちは、健康になったといえるのでしょうか。
 日々私たちが医療機関で接するがんの患者さんは、若くなっています。二〇、三〇歳代の患者さんは珍しくありません。

 私たち子どもの頃、春先に鼻水を流しながらクシャミをしている人などいませんでした。アトピー性皮膚炎で苦しむこどももいませんでした。
「豊かな食生活」もう一つの意味―質的な面でも、私たちは本当に豊かになっているといえるでしょうか。

 私には、現代の食生活が「五無の食生活」のように思えてなりません。
「五無」とは「無国籍」「無地方」「無家庭」「無季節」「無安全」という意味です。食生活に国籍がなくなり、地方の味がなくなり、季節がなくなり、家庭の味がなくなり、安全性がなくなっています。

 このような食生活が、本当に豊かだといえるのでしょうか。
 さらに今、そのことが問われ始めているのではないでしょうか。
 私が提唱する「粗食」とは、けっして「貧しい食事」といった意味ではありません。むしろその逆で、「日本の豊かな風土からうまれた豊かな食生活」のことなのです。

 本書では、見せかけではない、「本当の豊かな食生活とは何か」を提案したいと考えています。そのことが、結局は健康を守る食生活であり、自然治癒力を高める食生活だと考えるからです。

 明日からの食生活改善の一助として、本書を一読いただければ幸いです。


★ なぜ「粗食」が体にいいのかのもくじ・目次の一部はここをクリック。
Microsoft Word - 文書 1

本の内容をもくじで知るトップページへ
スポンサーサイト

theme : 医学・看介護書
genre : 本・雑誌

tag : 粗食

サイトマップXML自動生成ツールを利用しています。
 
 

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

 
検索フォーム
プロフィール
ご意見・御希望は yuuji@r9.dion.ne.jpまで

ラッツラッツ

Author:ラッツラッツ
FC2ブログへようこそ!

ブログランキング
フリーエリア
Add to Google
リンク
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード