パワーハラスメント

 パワーハラスメントに関する本をはじめに&もくじで知る。

★ タイトル パワーハラスメント なぜ起こる?どう防ぐ?

※ はじめに

 職場のパワー ハラスメントが、今大きな話題になっている。その内容は、職場での些細な言葉のやり取りを冗談めかして取り上げるののから、いわゆる「職場いじめ」と言われる深刻なものまで幅は広い。

 いずれにせよ言葉というものが、時代の風潮を敏感に感じ取り、反映してみせるものであることと考えると、こうした言葉の流行は、歓迎すべきでない雰囲気が職場に漂い始めていることを教えている。

 確かにここ数年、職場の人間関係がにわかにクローズアップされてきている。総じて職場の人間関係が壊れはじめているためであり、その訴えの多くは、職場の人間関係に悩みを抱えているというものである。

 そうした悩みの内容は、「上司が信頼できない」「同僚とのコミュニケーションがうまくいかない」などというものから、「上司から毎日叱責され、職場に行くのが気が重い」「同僚とうまくいかず、職場に行きづらくなってしまった」「職場の人間関係に悩み、退職を考えている」などというものへと発展する。

 こうした職場の上司や同僚との人間関係の不満は、これまでもなかったわけではない。しかし、これまでのこうした不満は、いわゆるどのの職場にもありがちな一種のボヤキに近いものだった。ところが最近の訴えからは、従来の「職場の風景」とは少し違ったものが見えるような気がする。

 もちろん、訴えの多さという量的な違いもあるが、気になるのは深刻さの度合いを含めた質的な違いのほうである。これまでであれば、些細な出来事として笑い話になったようなことが、大きなトラブルに発展しまったり、抜き差しならない事件になったりする。

 なぜだろう?あくまで人間関係なのだから、当事者たちにはそれぞれ事情があり、言い分もある。そして、あくまでそれぞれの人間関係において起こっていることであれば、一律に語ることは難しい。

 しかし、それでも気になるのは、従来であればそうはならなかったであろう些細な出来事が、大きなトラブルになってしまうという現実である。

 このようなテーマに対するアプローチの方法は様々にあるだろう。オーソドックスな考え方としては、人間の意識変化のありように注目するやり方である。またそれ以外にも、時代の風潮などとの関連で、世間常識やモラルの変化を考察するアプローチなどもある。

 しかし、こうした多様なアプローチの方法があるにせよ、ここで取り上げて問題にしたいのは、こうした人間関係一般において起こるハラスメントではなく、あくまで「職場」という場面で起こる、いわゆるパワハラである。

 つまり、なぜ今、職場でのハラスメントが、和製英語で「パワーハラスメント」と命名されてまで問題にされなければのかということである。その意味で、本書では、「今」ということと「職場」ということに徹底してこだわりながら考えてみることにする。

★ パワーハラスメント なぜ起こる?どう防ぐ?のもくじ・目次を紹介します。
Microsoft Word - 文書 1

本の内容をもくじで知るトップページへ
スポンサーサイト

theme : オススメの本
genre : 本・雑誌

tag : パワーハラスメント

サイトマップXML自動生成ツールを利用しています。
 
 

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

 
検索フォーム
プロフィール
ご意見・御希望は yuuji@r9.dion.ne.jpまで

ラッツラッツ

Author:ラッツラッツ
FC2ブログへようこそ!

ブログランキング
フリーエリア
Add to Google
リンク
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード