ひとり親でも子どもは健全に育ちます 

☆タイトル ひとり親でも子どもは健全に育ちます シングルのための幸せ子育てアドベイス  

※ はじめに

 子どもの「人間」としてのあり方の質は、親子関係のなかで育まれます

子どもの精神医学・精神保健の臨床医になって、45年になります。わ
ずかな休日を除いて、毎日数多くの子どもや青年やその家族に出会い、
朝な夕なに、しばしば深夜まで、研修会や講演会に出席を求められて、
多くの学びをしてきました。

 そして歳月の経過とともにより深く教えられできたことは、子どもの
育ちは一人ひとりが違うということと、ほぼまったく同じょうに健全に
育っでいくためには、共通した課題があるということです。

 その最も核心的なところは、子どもは「依存」と「反抗」を繰り返し
ながら、社会的な自立をしていくということです。言い換えれば、「甘え」
と「わがまま」を繰り返しながら、健全な育ちをしていくということです。

 この家庭的な体験を、幼少期から成長・発達にしたがって、手を替え
品を替えするようにしながら、結果どれだけ十分に充実させてやれるか
が、家庭外の、社会的な人格を健全に育でてやる上で、決定的に大切な
ことです。

 近年わが国では、学校でクラスの仲間を死に追いやるほどの酷いいじ
めをする生徒の問題が、大きな関心事になっています。大切なことは、
いじめをする側の生徒の学校社会における人格形成です。勉強だけよく
できる生徒は、珍しくありません。学業と人格の間には、何も関係がな
いのが、昨今のわが国の学校と子どもの問題です。

 子どもの「人間」としてのあり方の質は、学校で育てられるよりも、
家庭の親子関係のなかで育まれる要素のほうが、決定的に大きく豊かな
のです。そのことば、両親が揃っている家庭であるか、ひとり親である
かということとは、質的には関係のないことです。そのことば、
を読まれた方々が所々に実感してくださることと思います。子どもが求
めているものを、家庭で親子関係を通してどれだけ充分に与えてやるこ
とができるかが大切です。

 親子関係は最も人間的な生きる営みです。その重要な要素を親子の間
で実現していくためには、母親が(父親でも)家庭の外でも、地域社会
や働いている場などで、充実した人間関係を営んでいるかが、非常に重
要です。家庭を閉鎖的にしないことです。書は、そういったことを実
感してきた児童臨床の経験のなかで生まれました。

 書の完成には、ライターの山津京子さんをはじめ編集部の半澤敦子
さんの、長い年月にわたるご協力が必要でした。記して感謝申し上げて
前文とします。
 20121年8月 喜寿を迎えて 佐々木正美

☆ もくじを紹介します
Microsoft Word - 文書 1-001
Microsoft Word - 文書 1-002

本の内容紹介トップページへ
スポンサーサイト

theme : オススメの本
genre : 本・雑誌

tag : 紹介 ダイエット ひとり親

サイトマップXML自動生成ツールを利用しています。
 
 

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

 
検索フォーム
プロフィール
ご意見・御希望は yuuji@r9.dion.ne.jpまで

ラッツラッツ

Author:ラッツラッツ
FC2ブログへようこそ!

ブログランキング
フリーエリア
Add to Google
リンク
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード