災害支援に女性の視点を!

☆ タイトル 災害支援に女性の視点を!

※ はじめに 竹信三恵子

二〇一一年三月一一日、当時の勤め先だった東京の新聞社の編集局で、私は津波が地上をなめ
つくしていく映像を、声もなく見守っていた。こんな災害の中で、何を伝えてもむなしいという
無力感の中で、考え続けていたことがあった。災害の畏が大きければ大きいほど、声の小さい
人々は支援や復興から取り残されていく恐れがある、その声をすくい上げる何かが必要だ、とい
うことだった。三月末、私は新聞記者から大学へ転職した。最後の記事は、女性や貧困層など
「生活弱者」を視野に入れた震災支援策を求めるコラムだった。

だが、その後、聞こえてきたのは、着替えの場所もないような女性への配慮を欠いた避難所の
実態だった。女性関連の支援物資が十分でない状況も、女性の支援ボランティアを通じて浮かび
上がった。家族を失った女性たちから、安定雇用への道筋が見えないことへの不安の声も出た。
にもかかわらず、そうした声が取り上げられることは少なく、「一丸となって頑張る被告たち」
の像ばかりが広がった。こうした事態への疑問が高まっていたとき、国際NGO「オックスファ
ム・ジャパン」から、災害時の女性支援を広めるための組織づくりを支援したいとの申し出が舞
い込んできた。国際的な災害支援では当然とされている女性をはじめとする多様な人々への支援
の視点が、日本ではないに等しいというのだった。

 阪神・淡路大震災で被災女性の問題に気づき、その解決に取り組んできた研究者やNGOメン
バーの女性たちを中心に、二〇一一年五月、「東日本大震災女性支援ネットワーク」が生まれた。

被災地の女性たちの支援に取り組んでいた他の団体の協力にも支えられ、同ネットは、女性被災
者の声を吸い上げるパイプ作りや行政への政策提言、女性支援のノウハウをまとめた事例集を出
版した。こうした実践をもとに、女性支援や復興策の必要性を伝えようと企画されたのが、本書だ。

 実は、「女性支援」 の言葉については、メンバーにもためらいの声があった。置き去りにされ
ているのは、障害者や性的少数者、外国籍住民、経済的弱者など、他の社会的少数派も同じだ。
それぞれの困難に見合った「多様な支援」こそ必要ではないのかとの思いだ。「女性」より、「ジ
ェンダー」 の言葉がふさわしいとの意見もあった。「社会的、文化的につくられた性」を意味す
る「ジェンダー」なら、「男らしさ」を生きることを強いられ、被災の苦しみを率直に表明でき
ずに自殺や孤立に追い込まれて行く男性の生きづらさも浮かび上がらせることができるからだ。

 ただ、男女分業が根強い日本社会で、女性は生活分野を担わされてきた。その発言力の弱さは、
生活に根差した支援や復興策が取りこぼされる原因にもなっている。また、高齢者や子どものケ
アを担うことの多い女性の要求が政策に反映されにくい現状は、これらの被災者の生きづらさも
招いている。人口の半分を占める女性被災者に焦点をあてることで、被災者支援復興策いび
つさが見えてくる。そんな思いから、本作では、あえて「女性支援を掲げることにした。

 消費増税が決まった二0一二年八月。訪れた被災地では、暮らしの基礎ともいえる住宅の再建
は一向に進まず、一方で、効果があやぶまれてきた大規模な堤防建設計画が、早くもささやかれ
始めている。そんな生活不在、少数派不在の災害支援・復興に歯止めをかけるためにも、本書に
あふれる女性被害者たちの現実を、まず直視することから初めていただきたい。

☆ 災害支援に女性の視点を!のもくじはここをクリック
Microsoft Word - 文書 1-001
Microsoft Word - 文書 1-002

本の内容紹介トップページへ

スポンサーサイト

theme : オススメの本
genre : 本・雑誌

tag : 紹介 災害支援

サイトマップXML自動生成ツールを利用しています。
 
 

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

 
検索フォーム
プロフィール
ご意見・御希望は yuuji@r9.dion.ne.jpまで

ラッツラッツ

Author:ラッツラッツ
FC2ブログへようこそ!

ブログランキング
フリーエリア
Add to Google
リンク
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード