マイナンバー法のすべて 


本の内容をもくじで知るトップページへ
スポンサーサイト

theme : オススメの本
genre : 本・雑誌

tag : 紹介 マイナンバー 制度

 

松井秀幸の言葉力



本の内容をもくじで知るトップページへ

theme : オススメの本
genre : 本・雑誌

tag : 紹介 松井秀喜

 

いじめ解消術

☆ タイトル 神取流 いじめ解消術 弱者の吠え方

※ 前書き

 あなたの周りに、いじめられている人、いじめている人はいないかな?

 最近特に騒がれているけど、小中学校で起こるいじめ自体はずっと前から問題になって
いた。何年かに一度、大きな事件が起こり一時的に騒がれて、そしてすぐに忘れられてい
く。お決まりの流れだけど、自分に関係ないからと、あえて目を逸らしていたんじゃない
だろうか。

 それでも常にいじめられている人は存在し、自ら死を選ばざるを得ないほど追い詰めら
れている人が毎年たくさんいるんだ。

 今年(二〇一二年) の十月二日の新聞各紙に載っていたけど、文部科学省が全国の小
中高校を対象に実施した「いじめ」 の緊急調査の結果、四月からの半年でいじめ件数は
七万五千件に及んだとか。この時点で前年の総数七万二三一件を遥かに上回っているのも
驚きだが、その中には生命の危機に関わるほどのいじめ行為が二五〇件もあるというのだ
から、本当に異常事態だ。

 大人の世界なら傷害事件として当然ニュースに登場するレベルの数百に及ぶいじめを、
当事者とその周辺の人達しか知らなかったというのは、どう考えてもおかしいだろう。

 それでも、今年のいじめ報告件数が倍増したのは、それだけ問題意識が高まり、積極的
にいじめを減らそうとした結果とも考えられるだろうね。この流れが一過性のものになら
ないことを願うばかりだ。

 わたしは、世間の耳目が『いじめ』という問題に向いている現在こそ、いじめを減らす
絶好のチャンスだと考えている。

 わたしが思うに、いじめを無くす方法というのは三種類に分けられるだろう。長期的ス
パンを必要とする『大人(親や教師) の意識改革』、中長期的スパンを必要とする『教育
システム創り』、そして短期的で即効性のある『反抗』だ。

 本書のタイトルから想像がつくかもしれないけど、わたしが主に取り上げたいのは、即
効性のある『反抗』ということになる。

 現時点で重大ないじめに晒されている人を守るには、長期スパンの戦略や精神論では遅
すぎる。例えるならば、出血多量で今にも死にそうな患者を前に、より良い治療を施せる
医者をこれから育てるから数年待ってくれ、と言うようなものだ。

 もちろん良い医者を育てること自体は大切なことだし、反対しているわけじゃあない。
そういった取り組みがなければ大局的にいじめを減らすことは難しいだろうからね。

 本書は、いじめられている被害者や、いじめを嫌いながらも干渉できない第三者が、ど
のような手段を講ずれば、いじめを解消できるのかを具体的に記し、『最悪の事態=自殺』
を防ぐことを目的としている。また、加害者側には、いじめを行なうことにより、自分の
だけでなく、家族の人生が壊れてしまう可能性を悟らせてやりたい。

人によっては、この方法に対して嫌悪感を抱くかもしれない。しかし、被害者が死んで
しまっては全て手遅れなんだよ。

本書が少しでも、いじめ被害に遭っている人達のお役に立つことをわたしは心から祈っ
ている。

☆ 神取流いじめ解消術弱者の吠え方のもくじ
Microsoft Word - 文書 1

本(BOOK)を目次(もくじ)で探す

theme : オススメの本
genre : 本・雑誌

tag : 紹介 いじめ

 

 放射線と健康 

☆  タイトル 放射線と健康 当に私たちが知りたい50の基礎知識

※ はじめに

 小児科医である私がこのを書くに至ったのは、以前勤務していた病院で、医療
被ばくを減らそうと考えたことから始まります。

 世界の流れに反して日の医師資格は、放射線を自由に扱う権限を与えられてい
ます。そのため、放射線の知識が充分でない場合は、非常識な使い方をされること
もありました。

 しかしそれを医師たちの問で制限するような運動はなかなかできません。そこで
市民に放射線のことを知っていただき、市民の立場から可能なかぎり医療被ばくを
滑らそうと考えました。放射線医学の勉強をし、それから放射線被ばくの制限の運
動を始め、全国の小中学校の胸部Ⅹ線撮影による検診を廃止させることができまし
たが、そこから先には進めませんでした。

 臨床医の私が、放射線の知識を持つことになつたのは、この経験からであり、福
島での原発事故が起きる前までは、放射線科医師以外の臨床医が放射線の知識を持
つことは稀であるのが現実でした。

 そうしたなかで原発事故が起きました。事故後、放射線について知識を求める人
が多くなり、少しでも放射線の知識を市民に知っていただくために、講演などの活
動をしてきましたが、放射線の危険性や対処法について、もっと市民のみなさんに
知っていただきたいと思い、ほんとうに知りたい放射線の基的な知識をにまと
めることとしました。ことばだけではわかりにくい箇所は図を多用しています。

 私はこれまでもを何冊か出版しましたが、緊急性を優先し、とりあえずの対処
をするための内容でした。また、原発事故以後、多く出版されている放射線につい
ての本は、放射線科医や原子力研究者たち、つまり放射線を仕事として「使用す
る」「利用する」立場の側の人が書いた本がほとんどです。それらは、私たち臨床
医や市民の人たち、つまり放射線を「受ける」立場の側にとって率直に疑問なこと、
ほんとうに知りたいことが、常識として扱われふれられていなかったり、また、さ
まざまな事情で書かれていない場合が多いのです。

 この本は、市民の側に立って、ほんとうに必要な基本的な情報を、小児科医とし
てできるだけわかりやすく、網羅して書きました。結果として本書には、一般の皆
様にとっては、放射線についての見方がかわるような切実な内容も含まれています。
本書は、一小児科医が、からだの病気を専門とする臨床医の立場から、原発事故
後の放射線、放射性物質と人間の健康との関係を、率直に述べた本です。

本書は、読者が関心のあるテーマ番号のどこからでも読めるように構成しました。
そのため、重要な事柄は、あえて重複して述べてある部分もあります。

最後に、本書の執筆を勧めていただき、長時間にわたる編集作業をこなしていた
だいた東京書籍の小島岳彦さん、そして出版に協力していただいた皆様にこころか
ら感謝いたします。
二〇一三年二月 黒部信一

☆ 本のもくじ
Microsoft Word - 文書 1-001
Microsoft Word - 文書 1-002

本の内容をもくじで知るトップページへ

theme : オススメの本
genre : 本・雑誌

tag : 紹介放射線

 

インフレ目標政策

☆ タイトル インフレ目標政策

 ※ まえがき

 本書は筆者が11年ほど前に著した 『インフレ・ターゲティング』 (2001年11月刊)
を大幅に増補改訂し、タイトルも改題して再び世に問うものです。

 旧版刊行後11年を経過したあとも、本書の内容はその有用性を失っていないように思
われます。そもそも日銀が11年間、ずっとインフレ・ターゲティング政策を採用せずに
来たことから、いまだに本書の中心的議論がそのまま当てはまるためです。

 ところが2012年11月中旬に安倍晋三自民党総裁(当時) が、突如「日本銀行が『イ
ンフレ目標』 を採用することでデフレ脱却を図る」と、この政策を衆議院選挙の争点の
中心としたことで、一挙にインフレ目標政策への関心が高まりました。導入について賛
否両論があるなかで、さまざまな議論が行われるようになりましたが、筆者は、多くの
論点は旧版刊行時にすでに議論済みである、と考えています。その意味で、本書の価値
は失われていません。12月に入って編集者と旧版の改訂を検討し、かなりの補足のうえ、
一気吋成に改訂作業に取りかかることにしました

 もちろん、10年以上を経て、世界経済、日本経済は大きく変化しました。日本経済は、
2001年以降も、2006年の数カ月を除き、デフレ状況(マイナスのインフレ率)
が続いています。デフレのはじまりは1998年ですから、もうほ年もデフレが継続し
ています。日本では、かくも長期にわたる慢性的停滞で、これからもデフレから脱却で
きないのではないかという「デフレ・マインド」が蔓延しています。

 当初はデフレは一時的な現象で、デフレにも良い側面がある、と考えていた人たちも、
いまとなっては、デフレの弊害のほうが大きいということがわかってきたのではないで
しょうか。だから、安倍自民党総裁(当時) の「デフレ脱却」を目指す、という姿勢に
対して、賛意のほうが警戒感を上回ったのだと思います。

 政策金利も(2000~01年の数カ月と2006~08年の時期を除き)、ほぼ、ゼロ金
利が継続しています。量的破和などデフレ対策も各種行われてきましたが、その成果は
目に見えるほどではありません。量的緩和については、評価が研究者の間で割れている、
というのが正直な感想です。これをもって、日銀の多くのエコノミストは、「量的虜和は
効かない」と考えているようです。一方、インフレ期待に働きかける政策は有効だと考
える研究者、政策担当者も多いのです。

 他方、外国に目を向けると、2008年の「リーマン・ショック」を経て、アメリカ
や欧州においても、成長率とインフレ率が急降↑しました。アメリカの中央銀行である
連邦準備理事会(FRB)や欧州中央銀行(ECB)では、量的緩和を実行して、デフ
レに陥るのを防ぎました。日銀の経験したデフレは、FRBやECBにとって、「やつて
はいけないことという負の教訓」を残していたことになります。

世界は11年前とは様変わりしています。つまり、日本では2001年から2006年
にかけて、将来の金利動向・若君にいまコミットする(時間軸効果)ことで長期金
利に影響を与えるという政策がとられてきましたが、その効果については賛否さまざま
であるのに対して、欧米のリーマン・ショック彼の量的虜和はその農、買い入れ資産
の多様さ、市場への説明(コミュニケーション)などにおいて、日本よりもうまくやっ
た、というのが海外の評価です。

このように、旧版から現在までのH年間に得られた知見は多くあります。これを今回
本書で書き込むことで、内容を慧の学界のスタンダードに合わせています。ただし、
本書は、学術的な正確さや理論的厳警を競うものではなく、アカデミック姦論はと
り入れつつも、できるだけ多くの人にこの政管理解していただくことを目的としてい
るのは、旧版のスタンスと変わりません。

 この本の改訂の初校ゲラが出てからになりますが、日本銀行は、政府との共同文書
(2013年1月22日付) で、「物価安定の目標を消費者物価の前年比上昇率で2%とす
る」と宣言、ついに「インフレ目標政策」が日本にも導入されました。日本で議論が始
まって10年以上が経過しましたが、ついにここまで来たか、という感じはあります。た
だ、重要なのはこれからで、単に目標数倍の宣言に終わるのではなく、いかにこれを達
成するかという道筋を示して、民間の期待に働きかけることが必要になります。

 この増補改訂版を出すにあたり、日本経済新聞出版社の増山修氏には、前回同様お世
話になりました。また、アシスタントの馬場路子氏による迅速な図の作成がタイムリー
な出版に結びつきました。感謝いたします。
2013年2月  筆者

☆ インフレ目標政策のもくじ

本の内容をもくじで知るトップページへ

theme : オススメの本
genre : 本・雑誌

tag : 紹介 インフレ 目標政策

サイトマップXML自動生成ツールを利用しています。
 
検索フォーム
プロフィール
ご意見・御希望は yuuji@r9.dion.ne.jpまで

ラッツラッツ

Author:ラッツラッツ
FC2ブログへようこそ!

ブログランキング
フリーエリア
Add to Google
リンク
カテゴリ
未分類 (2)
美容健康 (2)
ダイエット (0)
美容(美肌) (2)
ヨーガ (1)
メタボリック (0)
ウオーキング (0)
糖尿病 (11)
血圧 (0)
睡眠、快眠、不眠 (1)
認知症 (0)
血液 (0)
本の紹介 (1)
血管 (1)
食事療法 (3)
医学 (8)
マラソン (0)
介護 (0)
花粉症 (6)
アトピー・アレルギー (0)
睡眠時無呼吸症候群 (1)
ストレス (0)
うつ病 (0)
冷え症 (0)
がん・ガン (1)
コレステロール (0)
リウマチ (1)
温泉 (0)
病気・健康 (11)
トレーニング (0)
環境ホルモン (0)
住まい (0)
更年期 (0)
老後 (0)
省エネ (0)
税金 (2)
資格 (0)
ビジネス (4)
一般 (3)
料理・レシピ (5)
美容・ダイエット (0)
栄養 (0)
ダンス (0)
暮し (3)
教育 (12)
通信 (1)
金融 (0)
災害 (2)
仕事 (1)
育児・妊娠・出産 (19)
原発・再生可能エネルギー (2)
ペット (3)
禁煙・たばこ (0)
報道 (1)
遺伝子 (0)
いじめ・ (3)
サプリメント (3)
漢方 (1)
スポーツ (1)
政治・経済 (4)
冠婚葬祭 (1)
薬・くすり・クスリ (1)
旅行 旅 (0)
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード