朝に弱いを治す

☆ タイトル 「朝に弱い治す」と自分が変わる  

※ まえがき

 会社というところは時間に厳しく、とくに「遅刻」に対してはシビアな目を向けます。
また全月そろっているところに、ひとり「遅刻」するのですから、いやでも目立ちます。
そのときの「ばつの悪さ」と「引け目」を引きずったままでは、仕事もおもしろくないと
思うのです。そういう意味でも「朝に弱い」体質は早く治したほうがよい……。

 そんなことはわかっていても、毎朝、ふとんの中で「あと5分だけ寝ていたい」という
思いと謝っている、そういう人は少なくないと思います。

 とくに現代人は昼も夜もスケジュールが入り、その分、睡眠時問は短くなっています。
たとえ5分でも長く眠っていたいというのは、切実な願いでしょう。

 しかし、その5分が命取りになることもあります。

 目が覚めたら「あと5分で家を出なければ遅刻する」という状況に追いつめられています。

 「朝ごはん抜き、トイレ省略、鏡も見ず」に家を飛び出して駅まで走っていくしかあり
ません。運よくセーフだつたとしてもバタバタした調子のまま仕事をすすめ、ミスを連
発、上司から叱られるし、同僚たちには迷惑をかけて申し訳ないし∫と、さんざんな一
日になるのではないでしょうか。

 あと5分寝てすっきりするどころか、ストレスのたまる一日になります。

休日は、お昼近くまで寝て、「日頃の疲れを取りたい」。実際にそのような休日の過ご
し方をしている人も少なくないでしょう。しかし、かえつて体がだるくなり、頭もぼんや
りしたままの一日になります。さらに、その夜は眠れなくなり、休み明けの職場には睡眠
不足の寝ぼけた顔のまま出勤することになるでしょう。

休日の朝はゆつくり眠りたいでしょうが、せいぜい一時間です。毎朝七時に起きる人
は、休日も八時ごろには起きて、散歩に出たり趣味を楽しんだりしたほうがリフレッシュ
しますし、日頃の疲労感は取れると思います。

人の心身の健康は微妙なバランスの1に成り立っています。

 ギリギリまで寝坊して慌しい朝の過ごし方をしたり、休日にお昼近くまで寝ていると、
この微妙なバランスが簡単に崩れてしまいます。寝坊するのは簡単ですが、いったん崩れ
た心身のバランスを元に戻すのはけっこうたいへんです。

 この心身の微妙なバランスを保ちながら暮らす基となるのは、だいたい同じ時刻に就
寝し、だいたい同じ時刻に起床する規則正しい生活です。とくに大切なのは、多少寝不足
ではあっても、朝は決まった時間に起きることです。

 私がここでいいたいことは、「朝の過ごし方に、もっとゆとりをもたせてほしい」とい
うことです。きちんと朝食をとり、トイレにもいき、身だしなみを整える、このような一
連の習慣が身につけば、会社の出勤時問に遅刻するかしないかといった、「毎日が綱渡り」
のような慌しさから解放されます。そして、仕事も充実したものになるのです。

 書は、「朝に弱い」人が、もっと活気あふれる生活を手に入れるためのノウハウを一
緒に考えてみたいと思っています。また、「朝に弱い」生活が、あなたの人生をどんなに
マイナスに作用しているかについても考えてみます。ぜひ読んでみてください。  著者
第1章●「朝起きられない」には理由がある

☆ もくじを紹介します
Microsoft Word - 文書 1-001
Microsoft Word - 文書 1-002
Microsoft Word - 文書 1-003

本の内容紹介トップページへ
スポンサーサイト

theme : オススメの本
genre : 本・雑誌

tag : 紹介 朝に弱い 治す

サイトマップXML自動生成ツールを利用しています。
 
検索フォーム
プロフィール
ご意見・御希望は yuuji@r9.dion.ne.jpまで

ラッツラッツ

Author:ラッツラッツ
FC2ブログへようこそ!

ブログランキング
フリーエリア
Add to Google
リンク
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード